生命保険

生命保険の種類について

生命保険 header image 2

養老保険の概要

2014年10月28日 · コメント(0) · 未分類

 

貯蓄を目的とするタイプの生命保険として養老保険が選ばれています。この保険は、満額時の保険金と死亡時の保険金が同じタイプです。保険の名義人である被保険者が死亡された場合に、保険契約の成立翌日から満額保険金を死亡保険として受け取ることが可能です。
保険金が満額となる場合は保険会社によって違いはありますが、一般的には20年ほどで満額となります。例えるのであれば、銀行の定期預金や積立金と同じようなシステムといえます。
支払い方法も保険会社で違ってきますが、一般的な支払方法として挙げられるのは一括支払いか積立支払になります。一括支払いでは、その名の通り保険金額を一括で支払い、何年後かに満額金を受け取るシステムです。積立支払では、毎月一定の保険料を支払っていき、20年ほどで満額になれば満額金を受け取ります。
ですから、貯蓄をしながら保険料をかけているという風に捉えることができれば、お得な保険システムといえます。しかし、毎月の保険料は一般的な保険料に比べると割高になっていますので、解約を考える方もおられます。
解約時期によっては、利回りが高いものもありますので安易な解約は控えるべきです。お金を貯めるのが苦手な方にとっては、有効な保険といえますから上手く活用できます。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。