生命保険

生命保険の種類について

生命保険 header image 2

定期保険の概要

2014年10月28日 · コメント(0) · 未分類

 


契約した保険に定められた保険期間内に被保険者が死亡した時に保険金が支払われる保険が定期保険です。一般的には生命保険と呼ばれていますが、医療保険などに死亡保障特約を付ける場合が多いようです。ですが、保険期間が満了した時点で被保険者が生存している場合には保険金は支払われないので、掛け捨てになる場合が多くあります。
この保険は保険料が割安なのに、保険期間中に被保険者が死亡した時には大きな保障を得る事が出来るのが最大の魅力です。その為に被保険者が死亡した時の保障だけを目的とする場合には一番最適な保険です。一家の大黒柱場である御主人にもしもの事があった場合、残された家族は路頭に迷うことにもなり兼ねません。たとえ路頭に迷わなくても、余程の資産家で無い限り、たちまち生活に困る事は目に見えています。まして小さな子供さんのいる家庭では子供を立派な大人に育てる為に高校や大学などの教育費も必要です。父親が無くなったからと言って子供の不自由な生活をさせたくないのが親心です。
一番の願いは、御主人が保険期間中に何事もなく元気で働き家族を養ってくれる事です。保険期間満了時に御主人が生存していれば保険金は支払われませんが、元気がなによりです。元気で長生きが一番で命はお金にかえる事は出来ないのです。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。