生命保険

生命保険の種類について

生命保険 header image 2

死亡保障タイプについて

2014年10月28日 · コメント(0) · 未分類

 

生命保険の死亡保障は、大きく定期型と終身型に分けられます。定期型とは決められた一定の期間だけ保障を受けられるもので、終身型とは亡くなるときまで保障を受けられるものです。一般的に定期型は期間に限りがある分保険料が安く、終身型は高めに設定されています。
保障を効果的に選ぶには、今の自分にどんな保障が必要かをよく考えなければなりません。例えば若いうちであれば死亡のリスクが低いため保険料を抑えられる定期型に加入し、いざというときの入院や通院を手厚くする方法があります。また結婚して子供が出来れば責任が増えるため、自分に万一のことがあっても家族が困らないような保障にする必要があります。
定期保険の場合、更新の期間によっても保険料が変わります。更新の期間が短いとその分払い込む保険料は増えますので、同じ保険金額で更新を考えているなら、更新期間が長めの保障の方がお得です。
このように必要な保障は、ライフスタイルによって変わってきます。上手な保障の選び方は、ライフスタイルに合わせて定期的に保障を見直し、そのときどきにあったものに変化させていくことです。見直しの期間として最適なのは10年ですが、結婚や出産、子供の入学などの節目節目において見直していくのが効果的です。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。