生命保険

生命保険の種類について

生命保険 header image 2

必要保障額の計算方法について

2014年10月28日 · コメント(0) · 未分類

 

生命保険で悩むのが必要保障額についてです。契約者が万が一死亡した場合に遺族に支払われる金額のことで、保険金額の目安とされています。計算方法も紹介されおり、年収×3年(+お子さんがいる場合は教育費)=保険金額です。
生命保険は、本人ではなく遺族の為の保険と言えます。契約者が死亡した場合、家族に与える経済的影響を少しでも緩和することが目的です。そのため、上記のような計算方法となるのです。
特にお子さんがいた場合には、教育費は馬鹿になりません。公立小中高を出たとしても、1000万円はかかると言われています。もちろん、それだけ稼ぐことができれば問題ありませんが、共働きであったとしても、それまでの収入が半減した場合の痛手は測りしれません。だからこその生命保険なのです。
生命保険をかけることは、決して大げさなことではありません。将来を真剣に考えればこそ、必要となるものです。もちろん、お子さんがいない場合でも、夫婦だけでも独身でも、それは必要な保険です。また、生命保険には、医療保険が付随するものもありますので、よく選ぶことが重要です。
自分たちの家計にあった保険金額を算出し、余計な出費を抑え、効率の良い保険を探し出すことが重要なのです。

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。